無題



前々回のゴリラ体型ロボの中身。

砲撃用の外骨格を脱ぎ捨て、高速かつ重撃の剣撃スタイルに。

こういう時、大抵、速さと引き換えに防御力を失うんだけど、
逆に、抜き身の方が単一分子金属とかで、異常に硬いとかも良いと思う。
軽量かつ細身な体型での高速行動を可能にするため、フレームに異常な耐久性を持たせ、
副産物で強固なボディを得た感じ。


外骨格はあくまで、エネルギー供給と、弾薬、火器の寄せ集めっていいう。

っていうか、ミサイルとか、デリケートな火器類が収納されてる外装が
防御に適してるわけないんだけどね。 ギャンのミサイルシールドとか。

無題



ロボ顔。

デザインの飽和状態なのか、形式美って奴なのか。
巷で見る、ロボットの顔って、大体この6パターンに属してる気がする。

海外作品に魅力を感じる理由って、その辺にあるのかな。

ミリタリー色が強かったり、ヒロイックじゃなくなかったりで、
受け付けない人が多いのも確かだけど。
「好きな人は好き」っていうジャンル。

無題



前回と同じ、猫背なゴリラ体型なバランスのまま
正義側のロボット。

ちょっとした仕掛けを前提に描いてるから、単体だとぼんやりしてる印象…。

ちょっと前に、読み切りで描いたロボットに似てる気がする。

無題




悪のロボット。

いかにも弱そうな雑魚機体でもなく、
悪魔的に強そうなワンオフ機…でもなく
手強そうな汎用機。 (ウルク=ハイみたいな)

一見小柄っぽいデザインだけど、
前回のパラディンより一回り大きい感じでイメージすると、かなり手強そうに。

無意識だけどトキ◯ック・リーパみたく…

無題




パラディン。

いわゆる、ジャパニメーション的な王道路線のロボットを
描く事が少なかったりするので…というか、初めて描いたかも。

最近は、ハリウッド思考な、パワードスーツや、戦車、戦闘機の
延長線上として描かれた、工業デザイン風なロボットが多い気がする。


昆虫や、動物の骨格や生態をモチーフにしたロボットは海外作品にも多いけど、
何の意味もなく、モチーフとして動物を盛り込んだロボットは日本特有だと思う。

要は、敵や戦闘に対してどう作用するかではなく、
画面の外の視聴者にどう作用するか…を重視するのがジャパニズム!

「リアル」ではなく「割り切り」がモノを言うのだ。

無題



最近、美少女以外のお仕事を振って頂く事が増えた気がする。

猫耳という単語を使ってみたかったので、急遽書き直したけど、
リボンもそこそこ良い気がする。

無題



仕事の作業が恐ろしく遅れめ。
ごめんなさい…。

関東圏に引っ越して、仕事場作る野望が遠く…。
アシスタントさんも見つかるといいけど…。
若くて、経験なくても、本気で漫画・イラストを仕事にしたい美少女とかいないだろうか。

無題



アニメ、漫画のエンタメ作品。

武器として、日本刀、馬上槍(ランス)、西洋剣あたりはよく描かれるけど
草薙の剣や天叢雲の剣みたいな石剣は、あんま描かれてないので新鮮なんじゃなかろうかと。

どの道、超技術で、製造されるならビジュアル重視しで構わないしね。

リアル路線で弓矢使うロボットも見かけないので、アーチェリーで使う、
コンパウンドウボウみたいなメカニカルな弓とかも。

もはや、ビーム剣とか、マルチロックオンする大量のマイクロミサイルとか、絵的に便利過ぎて
むしろ使いづらい気がする。 資源の無駄遣いだし、意外とリアルさはない印象。。

無題



わかんねぇ。
難しすぎる。