読み切りと昔のモンハンネーム、そして遅すぎた告知たち

久々に漫画公開です…と言っても、お仕事で描いたものですが。


■画像クリック本編■


「宇宙検閲官 -Cosmic Censorship-」

全46ページ。

2013年の暮れ頃に描いたもので、
コミックアライブの2014年1月号(だったと思う…)に掲載されたものです。

この作品を読んで下さった、とある人気小説家さんの作品のコミックアンソロジーにお誘い頂けたり、
同じくメディアファクトリーさんから発売されている小説「エイルン・ラストコード」に参加せて頂いたりしました。

他にも、
作業に追われて告知すら出来ていませんが、

ファミ通文庫さんから刊行されている
西野吾郎さんのモンスターハンター 天衣無縫のDモンスターハンター 氷雪無尽の獄狼竜の挿絵。
(こちらは宮須弥さんによる漫画も掲載されています。)


講談社ヤングマガジンサードさんで連載中の、朝霧カフカさん作、鳥羽雨さんイラストの小説作品
「ギルドレ」のメカニックデザインやってます。

2014年~は小説以外にもモンスターハンター関連のお仕事を色々と頂けまして、
ビジュアルアートブック」や「アンソロジー(1,2巻)」「ムック(Ⅰ、Ⅱ巻)」にも関わらせて頂いてました。


その他、諸事情で情報公開できないもの、未確定なもの…諸々ありますが
近いうち告知できたらいいなぁ。

続きを読む

 

ここ長い所、更新できず。
…というか、丸一年ほど仕事以外で絵を描いておりません。

なんだか寂しいので、昔描いた読み切りとか、諸事情で企画がストップしたプロットやらコンテやら、
権利が自分にあるものはちょこちょこ載せていこうかな。

成人誌以外では、一度載った読みきり作品が再度掲載される事なんて無いし。

S.C.A.R.R.E.T.



〈画像クリックで作業サイズ)

久々にちゃんと絵っぽい絵を上げた気がする。

無題




前々回描いた女の子ロボを女の子化。

ククルス・ドアン専用ザク



久々に版権物。

かの有名なククルス・ドアン専用ザク

ジム・ライトアーマーがあるので、ザク・ライトアーマーも…
…と思っていたら、ザクにはMS-06Lという、ミサイル装備の不思議なザクがいるらしいので
ジオンっぽくない型番に…


ザクⅠ(旧ザク)の初期生産型が0075年に完成。
ザクⅡに至っては、初期量産型が0077年に完成…

一年戦争は0079~0080年。
ベテラン面した、ランバ・ラルや、黒い三連星や、シャア・アズナブルでさえも新人パイロットレベル。
まして、実戦経験なんてほぼ無いだろうし、対MS戦なんて、みんな初めてってレベル…。

旧ザクって、めちゃめちゃ古そうな愛称だけど、実は実戦投入から3,4年しか経っていないのだ。

そして、連邦とジオニック、ツィマッドとアナハイムの恐るべき生産力。
旧ナチスドイツってこんなんだったんだろうか?

無題



前々回のゴリラ体型ロボの中身。

砲撃用の外骨格を脱ぎ捨て、高速かつ重撃の剣撃スタイルに。

こういう時、大抵、速さと引き換えに防御力を失うんだけど、
逆に、抜き身の方が単一分子金属とかで、異常に硬いとかも良いと思う。
軽量かつ細身な体型での高速行動を可能にするため、フレームに異常な耐久性を持たせ、
副産物で強固なボディを得た感じ。


外骨格はあくまで、エネルギー供給と、弾薬、火器の寄せ集めっていいう。

っていうか、ミサイルとか、デリケートな火器類が収納されてる外装が
防御に適してるわけないんだけどね。 ギャンのミサイルシールドとか。

無題



ロボ顔。

デザインの飽和状態なのか、形式美って奴なのか。
巷で見る、ロボットの顔って、大体この6パターンに属してる気がする。

海外作品に魅力を感じる理由って、その辺にあるのかな。

ミリタリー色が強かったり、ヒロイックじゃなくなかったりで、
受け付けない人が多いのも確かだけど。
「好きな人は好き」っていうジャンル。

無題



前回と同じ、猫背なゴリラ体型なバランスのまま
正義側のロボット。

ちょっとした仕掛けを前提に描いてるから、単体だとぼんやりしてる印象…。

ちょっと前に、読み切りで描いたロボットに似てる気がする。